役員名簿   ブロック活動   全国青年部長名簿   お問い合わせ
 

一般社団法人日本建築板金協会青年部
全日本板金工業組合連合会青年部
部長 村田 豊

22期日板協・全板連青年部部長の村田豊です。平成29421日開催の第42回青年部通常総会において青年部員の皆様の総意を得て、第12代目の部長に就任いたしました。創立から40年以上の歴史を誇る青年部の部長という大役を仰せつかることは身に余る光栄であるとともに、役職の重みを就任以来、実感しております。
先代の熊谷部長を始めとする諸先輩方の築かれた輝かしい歴史に敬意を払いつつ、部員一人一人が青年部活動において、より一層の価値を実感できるものとなるよう、部長として粉骨砕身する所存です。何卒宜しくお願い申し上げます。

第22期(平成29・30年度)では、下記の基本理念を基にスローガン・基本方針を策定し、青年部活動を推進いたします。


【基本理念
一般社団法人日本建築板金協会青年部・全日本板金工業組合連合会青年部の発展を目的とし、青年部員の為の組合活動を行う。

【スローガン】
Challenge (チャレンジ) 〜業界の未来へ 

【基本方針】
近況として青年部員の減少が重要問題となっております。
後継者問題や建設業界の若手不足など問題は多々あります。組合に所属していない板金業者も多くおり、更に後継者も青年部に所属していない事業所も多くあります。
青年部としての魅力発信をする為には青年部全体で新しい事にチャレンジしスケールメリットを実感できる事業を進めて行く必要があると考えております。
スローガンとして「Challenge (チャレンジ) 〜業界の未来へ」と掲げ、今何が必要なのか、何にチャレンジして行くのかを全国の青年部員と考え確実に進めていく必要があり、その目的を明確にしていく事も必要だと考えております。
そして、青年部が今まで積み上げてきた歴史を受け継ぎ、さらに発展させながら未来を切り開くべく、全ての活動に邁進して参ります。
以上の観点から平成2930年度日板協・全板連青年部の運営方針として下記8点を挙げます。

1.全板連グループとの協力体制の強化
2.全国建築板金競技大会の企画運営
3.建築板金業次世代研究会の企画運営
4.全国青年部部長会議の企画運営
5.新規事業の企画運営(部員交流)
6.部員の増員
7.SNSの活用
8.メディアへの情報発信





   
   
    Copyright(C) 2013 全日本板金工業組合連合会青年部 一般社団法人日本建築板金協会青年部 All Rights Reserve

otoiawasesaki.htmlへのリンク

blok_seibu.htmへのリンク